洞爺湖 ウィンザーホテルについて

洞爺湖 ウィンザーホテルの正式名称は「ザ・ウィンザーホテル洞爺」です。洞爺湖の山上に2002年6月にオープンしました。全室がオーシャンビューもしくはレイクビューになる最高のロケーションが素晴らしい高級リゾートホテルです。雄大な北海道の大自然に囲まれたロケーションは、まるで欧州リゾートのスイスやオーストリアと同じような景色で最高の時間と贅沢を演出してくれます。ロビーに入るといきなり目の前に広がる洞爺湖と海がかなでる大パノラマには誰もが圧倒されます。日本中を探しても、これほどの絶景はないといわれるほどの美しい風景です。この「ザ・ウィンザーホテル洞爺」は北海道の大自然と融合された最高のリラクゼーションを演出するラグジェーションリゾートです。
極上リゾートといわれるウィンザーホテル洞爺の客室についてみてみよう。ベッドはアメリカシーリー社製。枕は6種類の中からチョイスできるサービスが好評だそうです。バスルームのシャンプー、コンディショナー、バスジェルはブルガリ製。女性にはうれしいオシャレでラグジュアリーなアメニティグッズがお部屋に用意されています。
ホテルにはプール、テニスコート、ゴルフコースなどのスポーツアクティビティ施設を備えてあります。また、洞爺湖周辺の大自然で遊ぶアクティビティコースもご用意。冬にはもちろんスキーやスノーボード、夏にはマウンテンバイク、やフィッシング、洞爺湖でのカヌー、バードウォッチング、乗馬、ネイチャートレッキングが楽しめます。星を眺めるスターウオッチングでは都会では見れない星の数々に感動することでしょう。


洞爺湖 ウィンザーホテルのある北海道洞爺湖の観光情報

洞爺湖(とうやこ)は、日本百景として有名で、北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖で、支笏洞爺国立公園に含まれます。洞爺湖は北海道の三大景観のひとつとされ、年間400万人もの観光客が訪れます。洞爺湖の字にはそれぞれ意味がありそうです。洞爺湖の「洞」はアイヌ語の「湖」、「爺」は「丘」を意味し「丘の湖」という意味をなしています。
洞爺湖の周りは大自然の美しい丘陵となっており、カヌーやダイビングの名所としても有名で大変人気があります。洞爺湖は円形のカルデラ湖です。日本で三番目に大きいカルデラ湖といわれています。一位は北海道の屈斜路湖、二位が同じく北海道の支笏湖になります。湖のサイズは東西約11キロメートル、南北約9キロメートル、周囲43キロメートル、面積70.7平方キロメートルで一番深いところは179メートル。
洞爺湖に最も近い空港は、千歳空港です。フェリーだと、苫小牧上陸から1時間半、室蘭なら1時間程度かかります。JRでは、津軽海峡経由函館からJR洞爺駅まで特急で約2時間程になります。
洞爺湖のお土産としては「洞爺湖木刀」が有名ですね。世界各国の観光客には、「日本のお土産」として人気があるようです。

洞爺湖サミットってなに?

北海道洞爺湖サミットは平成20年7月7日(月)〜9日(水)の3日間で開催されます。場所は北海道の洞爺湖町。洞爺湖畔の山上にある「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に主要国八カ国(日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、イタリア、カナダ)の首脳などが集まり、地球温暖化対策をメイン議題にして、世界の様々な問題解決について話し合います。