アイホン 価格(ソフトバンク)について

アイホン(iPhone)の価格がソフトバンクモバイル(softbank)から7月11日に発表された。6月9日アップルがアイホン3G版を発表してわずか一ヶ月後のスピード決定。このアイホン3Gは世界22カ国での同時発売(年内に70カ国で販売の予定!)となり、世界中でアイホン(iPhone)狂想曲が巻き起こりそうな気配である。気になるアイホンの端末価格は、内臓メモリーの容量によって2つモデルに分かれている。8ギガバイトの下位機種をソフトバンクモバイルから24回払いの割賦販売制度を利用して購入すると実質2万3040円となる。16ギガバイトの上位機種でも24回払いの割賦販売制度を利用して購入すると実質3万4560円となる。月々のアイホンの使用料金については、月額で最低でも7280円となる。その内訳は音声基本使用料の「ホワイトプラン(i)」月額980円と「パケット定額フル」月額5985円と「S!ベーシックパック」月額315円。マニアなアップル(apple)ファンだけでなく、インターネットを使いまくるネットのへビーユーザーを想定して料金設定をしているようだ。このアイホン(iPhone)は、ソフトバンクの直営ショップやヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店などで販売される(一部を除く予定)。

アイホンの価格と性能について

アイホンの価格はアップルとソフトバンクの戦略により、かなり低価格に設定されました。これによりドコモやauなどの日本の携帯電話業界にも影響を与えると考えられます。このアイホン3G(iPhone3g)のコンセプトや機能、性能の良さはすでに昨年アメリカとよヨーロッパで発売された前機種(8Gで199ドル、16Gで299ドル)が累計600万台を超える大ヒットとなったこと立証されています。さらに、今回日本や世界で同時発売されるアイホン3Gは、第三世代の携帯電話(3G)に対応した新機種であり、前機種よりも格段に通信能力がアップしたことにより、WEBブラウジングをストレスなく操作できるようになっています。これらの事実から今まで以上のヒットとなることは間違いありません。先だっての欧米の利用者アンケートによると、顧客満足度が90%を超えており、利用者の98%がパソコンのWEBサイトを閲覧しているという回答があったといいます。これまでにもフルブラウザーの携帯やスマートフォンはありましたが、それらの比ではありません。これが、ドコモやauが一番懸念している点です。しかし、このアイホンにも実は弱点もあります。意外な盲点ですが、日本独自の携帯サービスである「ワンセグ」や「おサイフケータイ」が使えないのです。これらの点から、アイホン(iPhone)の狙うポジションは最高の2台目ケータイ(iPod付)、というところではないかと考えられます。さて、あなたはこのアイホン(iPhone)を手に入れることができるでしょうか?各ソフトバンク(softbank)ショップで対応は異なるようですが、すでに予約の受付け終わっており、キャンセル待ちの状況のようです。発売日にアイホンを手に入れるのは至難の業かもしれませんね。


>>遂に発売!iphone5 料金プランはこちらをクリック!<<